ピンボールマシン脚本家 なつみ

ハワイにハマって移住!ノビーさんがツアーガイドを仕事にするまでのライフストーリーとは

ハワイにハマって移住!ノビーさんがツアーガイドを仕事にするまでのライフストーリーとは

今回(hui)インタビューするのは、ハワイでプライベートツアーを行っているノビーさん(荒(huang)木雅信さん)。観光地ハワイの現地人(ren)しか知りえない場(chang)所(suo)や、初めての体験(yan)を提案してくれるプライベート貸(dai)切ツアーが大人(ren)気です。

ノビーさんの案(an)内するプライベートツアーは、予約がなかなか取(qu)れないことから「幻(huan)のプライベートツアー」とも呼(hu)ばれています。

憧れのハワイ移(yi)住を2004年に成し遂げ、現地(di)でプライベートツアーとハワイ移(yi)住計画アドバイザーをしているノビーさんのライフストーリーをお聞きしました。日本人の少ない現地(di)の現状や、おすすめできるスポットをハワイ観光の達(da)人に教(jiao)えてもらいます。

ハワイ移住への憧れと挫折

ハワイにハマって移住!ノビーさんがツアーガイドを仕事にするまでのライフストーリーとは

—ハワイに移住し、仕事をしているノビーさん。Instagramでは2万人程のフォロワーがノビーさんの投稿するハワイの様子を楽しみにしていますよね。もともとハワイがお好きだったのですか?

ハワイを好きになったのは、25歳くらいの時にハワイに初めて来たときですね。実は、その頃「ハワイみたいなミーハーなところに今さら行ってどうすんだ」と思っていたんです。

でも、ハワイに来て一(yi)発でハマってしまいましたね。「帰(gui)りたくない、ここに絶対に住(zhu)みたい」と強く思いました。

—ハワイ旅行が人生の転機になったんですね。ノビーさんは2004年に永住権を得て移住されていますが、移住はスムーズに進んだんですか?

ハワイにハマって移住!ノビーさんがツアーガイドを仕事にするまでのライフストーリーとは

いいえ、全くうまくいきませんでした。当時、築地の珈琲屋で働いていましたが、ハワイに移住したいなと思って「お金を貯めよう」と、佐川急(ji)便(bian)のセールスドライバーになったんです。

ハワイへの移住資(zi)金を2年(nian)間である程度貯め、ハワイでホットドックと珈(jia)琲を売る屋(wu)台(tai)をしようと考えていました。

でも、ハワイには知り合(he)いもいないし、僕は英語もしゃべれない。今は、インターネットで情(qing)報(bao)を集められるけれど、移(yi)住(zhu)(zhu)をしようと思った当時はインターネットもスマートフォンもないような時代でしたので情(qing)報(bao)を集めるのも難しかったのです。そこで、まずハワイに住(zhu)(zhu)む日本人の弁護(hu)士さんのところに直接(jie)相談にいきました。

弁(bian)護(hu)士(shi)さんに会ってすぐさま「ハワイに住(zhu)みたくて数百万(wan)円を貯めてきました。ホットドック屋をやりたいと思っています」って伝えると、「そんなんで住(zhu)めるわけないでしょ。一(yi)億円もって出直してきなさい」と、笑われてしまったんです。そこで初めて、ハワイに住(zhu)むにはビジネスビザや永住(zhu)権が必要だということを知りました。

弁護士さんに相談したあとも、ハワイで働(dong)きたいといろいろなところに電話をしましたが、就労ビザがないとどこも雇ってくれません。ビザがないことの厳しさを体感しました。

そこでいったん日本(ben)に帰り、ハワイの語学(xue)学(xue)校に入って学(xue)生ビザを取得し、ハワイで2年間(jian)過(guo)ごしました。

でも、学生ビザではしっかり働くことはできません。もし違反(fan)を犯し、捕まったら住(zhu)んでいた部屋にも戻れず強制送(song)還され、10年間アメリカには入国できなくなります。

このとき1997年頃だったのですが、ハワイの物価や家賃が今の半分くらいで、顔見知りも増え、助(zhu)けてくれる人(ren)もいました。でも、2年間(jian)でお金も尽きてしまい、日本に戻ってきたんです。

—一筋縄にはいかなかったんですね。

ハワイにハマって移住!ノビーさんがツアーガイドを仕事にするまでのライフストーリーとは

そうなんです。日(ri)本に戻(li)(li)ってきて仕(shi)事(shi)をしながらも、ハワイに住むという夢は諦(di)められなくて、永住権(quan)の抽選に毎年応募していました。そして、運よく当たってハワイに戻(li)(li)ってこれたんです。

ハワイ移住計画アドバイザーを始めた理由

ハワイにハマって移住!ノビーさんがツアーガイドを仕事にするまでのライフストーリーとは

—決してスムーズに移住がかなったわけではなかったんですね。ハワイ移住計画アドバイザーをしているのは、そんなノビーさんの経験を活かしてですか?

はい。「ハワイ移(yi)住の夢」を持った人に、そういったビザの大切(qie)さや、シビアさをちゃんと伝えてあげたいと思いました。

僕(pu)は、自分(fen)の知識や経験、周りから得る情(qing)報を伝えながらハワイに住みたい人たちに「あなたの場合(he)はこういう方法を取ったらいいんじゃないですか」という話ができます。

抽選(xuan)で永住権を手にできるのはラッキーな人です。ハワイに住みたいなら毎(mei)年応募するのは当たり前(qian)ですが、でもその制度もいつまで続くかわからない。

周(zhou)りを見ていると、それ以外(wai)の可能性も0ではありません。だからその時、その人に合わせて提案できるハワイ移住計画のアドバイスをしていきたいと思(si)っています。

—ハワイに実際に移住した先輩がアドバイスしてくれるのはありがたいですね。

ハワイにハマって移住!ノビーさんがツアーガイドを仕事にするまでのライフストーリーとは

僕(pu)は「ハワイに住んでみたい」というところからはじまりました。だから僕(pu)も「本(ben)当にハワイに住みたい人の夢」をかなえるきっかけをつくりたいんです。

その夢(meng)の可(ke)(ke)能性を、現(xian)実的に具体的に広(guang)げるお手伝いがしたい。ハワイ移(yi)住への目的やプロセスに合わせて、僕の経験や相談(tan)してきた方の現(xian)状(zhuang)と照(zhao)らし合わせてアドバイスできます。(※2022年2月現(xian)在はHPからLINEやSNSなどで問い合わせ可(ke)(ke)能です。今は無料で相談(tan)が可(ke)(ke)能ですが、今後アドバイス料を設定(ding)する可(ke)(ke)能性があります)。

ハワイでのプライベートツアーが天職に

—ハワイでホットドッグ店を出したいと思っていたノビーさんが、観光ツアーのお仕事を始めたのはなぜですか?

店舗の家賃が高かったんです。それでどうするか悩んでいる中、学生ビザでハワイに来た時に仲の良かった友達が「とりあえずうちを手伝えば?」と声をかけてくれました。

仕事は、大(da)きな車(che)にお客(ke)さんをたくさん乗せて観光ツアーをするというものでした。

—そこからプライベートツアーにしたのはなぜですか?

もう少しお客(ke)さんと距離(li)を近くしたかったんです。同(tong)時(shi)に、あちこち案内(nei)する中(zhong)でお客(ke)さんの行きたいところに連れて行ってあげたいと思(si)うようになりました。乗合だと、なかなか仲良くはできないし、好きな場所へ連れていくこともできません。

そこで、2018年(nian)頃に独立(li)してプライベートツアーをするようになりました。こういう時代なので、SNSなど個人の集客もできるし、ブログなどで情報も発信(xin)できます。コロナ禍前(qian)は問い合わせを断らなければならない程にニーズがありました。

もちろん、プライベートツアーだと上限が決まってしまうので、乗合ツアーの方(fang)がビジネス的(de)には儲かります。でもプライベートツアーの方(fang)が楽しい。だからプライベートツアーを続けていこうと思(si)っています。

2022年今のハワイ旅行がおすすめな理由

ハワイにハマって移住!ノビーさんがツアーガイドを仕事にするまでのライフストーリーとは

—コロナ禍で日本人観光客が今は減っていると思いますが、今もハワイ旅行を楽しめますか?

ハワイを楽しむ幅が増えている部(bu)分もあります。

まず、ハワイは通常日本人(ren)の観光客が多いので「海外に来たな」という感覚が薄れやすいのですが、コロナ禍(huo)の現在はいつもと違って日本人(ren)が少(shao)ないので、変な話ですが、ハワイなのに海外旅行感がすごくあります。飛行機が空いているのもメリットですね。

ハワイに旅行に行くとしたら、日本に帰った時に隔離や検査などの時間はかかりますが、ハワイへの入(ru)国については州(zhou)指(zhi)定の病院(yuan)の陰性(xing)証明書(shu)を取(qu)るなど事前の手続(xu)きをきちんとしておくことで、比較(jiao)的スムーズに入(ru)国がしやすいかと思います。ワクチンパスポートなどの手続(xu)き早い方だと思います。(2022年2月時点の情(qing)報です。今後の情(qing)勢により変わる可(ke)能性(xing)もあるため、詳しくは最新情(qing)報をご確認ください)。

日本人(ren)が珍しい今(jin)だから、お店でもウェルカム感があり声をかけられやすいし、優しくしてもらえる機会(hui)も多(duo)いですね。

買い物(wu)でも、日本人が大好きなDEAN & DELUCA のトートバックもコロナ禍前(qian)は夜中や朝早(zao)くから並んでいる人もいましたが、今は普通に購入できます。洋服のサイズも日本人サイズが今なら買いやすいと思(si)います。

困ることと言えば、日本人相(xiang)手のオプショナルツアーがあまりやっていないことですね。逆に言えば、プライベートツアーを楽しむことができます。

—今、ハワイでノビーさんのおすすめのツアーはどんなプランですか?

ハワイは海のイメージが多いと思います。でも、実(shi)は山がいいよっていうのを伝(yun)えたいですね。動ける人(ren)ならトレッキングして、景色を見るのも最高です。

実は、ハワイの絶(jue)景地ピンクピルボックスなども、自分の足で歩いていかなければいけないところにあります。素敵(di)な写真(zhen)が撮れたり、絶(jue)景が望めるのはもちろん、ハワイの自然の中、自分の足で訪れる体験は忘れられない思い出になるはずです。

ガイドブックに載(zai)っていない、自分(fen)たちのハワイを見つけるプライベートツアーで、最高の思い出(chu)を作(zuo)ってもらいたいです。

インタビューを終えて

ハワイにハマって移住!ノビーさんがツアーガイドを仕事にするまでのライフストーリーとは

コロナ禍で大(da)打撃(ji)を受けた観光地は多く、外国人(ren)観光客の多かったハワイも例外ではありません。

日本(ben)から観光業を仕事にしに来た人たちの中には帰ってしまったり、別の仕事をしている人、ウーバーをやっている人もいるのが現状だそうです。

ノビーさんも日本人(ren)客がなかなかハワイに行けない今、新(xin)しくオンラインショップでの物販(fan)をはじめました。Tシャツから始まり、エコバッグ&トートバッグなどのオリジナルグッズを販(fan)売をメインに、それ以外にもローカルプロダクトの販(fan)売も手掛けることも考えているそうです。

ハワイが好きで移住(zhu)したノビーさんの日本(ben)人(ren)専用ハワイのプライベートツアーでは、現(xian)地に住(zhu)んでいるからこそ知(zhi)れる情報や、地元の人(ren)しかいかない人(ren)の少(shao)ないビーチなど、ディープなハワイを知(zhi)ることができます。

ハワイに行った際はぜひノビーさんに、あなたの楽しみたいハワイを相談(tan)してみてください。

Nobby Araki(荒木雅信(xin)) さんプロフィール

ハワイにハマって移住!ノビーさんがツアーガイドを仕事にするまでのライフストーリーとはNobbyLand Hawaii (代表)

2004年に永住(zhu)権を得(de)てハワイに移住(zhu)。

ハワイにてプライベート貸切ツアー&ハワイ移住計(ji)画(hua)アドバイザーを行(xing)っている。

ツアーのことだけでなく、ハワイのことは何でもご相談ください。

HP:

Instagram:

Twitter:

オンラインショップ:

 

この記事を書いた人(ren)

日本が誇る太鼓打ちになるには?鼓童池永レオ遼太郎さんインタビューさかもとみき

1986年高知生(sheng)まれ。広告代理店(dian)や旅館(guan)勤(qin)務を経(jing)て、観光・ジビエライター・恋愛コラムニストをしています。

HP: