ピンボールマシン脚本家 なつみ

「はんなり」の意味とは?使い方や語源、「はんなり美人」も解説

関西地方の方言としてよく耳にする「はんなり」という言葉(xie)。和風で上(shang)品な響きの言葉(xie)ですが、本来の意味は関西地方の以外の人たちが抱くイメージとは少(shao)し違うかもしれません。「はんなり」の本来の意味をはじめ、使い方や類(lei)語(yu)などもご紹介します。

「はんなり」の意味とは

「はんなり」の意味は「上品で華やかな感じがする様子」

「はんなり」には、「上品(pin)で、明(ming)るく華やかな様(yang)子(zi)」「派手な様(yang)子(zi)」などの意(yi)味があり、明(ming)るく陽気で華やかな様(yang)子(zi)を指して使われる言葉です。もともとは着物(wu)の色合いを表現する際に使われていたとされています。

「はんなり」は、方言として使(shi)っている地域以外の人には、「おっとりと優雅(ya)で上(shang)品な様子」を指して使(shi)うと思われており、「華(hua)やか」や「派手(shou)」という意味があると思われていませんが、それは本来の意味とはニュアンスが違いますので注(zhu)意しましょう。

「はんなり」は京都を中心とした関西地方の方言

「はんなり」はいわゆる「京言(yan)葉」と言(yan)われる、京都を中(zhong)心とした関西地(di)方(fang)の方(fang)言(yan)です。京都のイメージが強い言(yan)葉ではありますが、大阪(ban)や他(ta)の関西の地(di)域でも使(shi)われます。

「おっとり優雅」というよりは、「ぱっと明るい」というニュアンスで使われており、赤や黄(huang)色の華やかな着物を指すようなイメージです。

「はんなり」の語源は「花なり」「花あり」

「はんなり」は副詞で、その語(yu)源(yuan)は「花(華(hua))なり」や「花(華(hua))あり」が変化したものだという説(shuo)と、「花(華(hua))」に状態を表(biao)す接尾語(yu)「り」がつき、強める気持ちを表(biao)すために撥音(yin)化したものだという説(shuo)があります。どちらも「花(華(hua))」の派生語(yu)です。

「晴れなり」が語源だとする説もありますが、「はれ」が「はん」と変化したという考えにはやや無(wu)理があり、名詞の「はな(花(hua)・華)」に「ん」「り」が付き「はんなり」という副詞になったという説が有力です。

「はんなり」の使い方とは

「はんなりとした」

「はんなり」は多くの場合(he)で「と」を伴(ban)い「はんなりと」として使われます。使う対象は人、物、味、動(dong)きなど幅広く、「はんなりとした女性」「はんなりとした帯」「はんなりとした味」「はんなりと微笑む」などのように、様々な場面で使えます。

「はんなり美人」「はんなりしている人」

「はんなりと」という形ではなく、「はんなり」に直接言(yan)葉を組み合(he)わせて使(shi)(shi)う使(shi)(shi)い方もあります。「はんなり美(mei)人」もそうした使(shi)(shi)い方のひとつ。「上(shang)品(pin)で明るく、華やかな美(mei)人」と言(yan)いたい場合(he)に使(shi)(shi)えます。

「はんなりしている人(ren)(ren)」というと、おっとりとした京(jing)美人(ren)(ren)のような人(ren)(ren)を思(si)い浮かべますが、先に述べたようにここでも「上(shang)品」に加えて「華(hua)やか」や「陽(yang)気」「派手」な要素を持つ人(ren)(ren)を「はんなりしている人(ren)(ren)」といいます。

「はんなり」を使った例文

  • はんなりとした舞に、心を惹かれた。
  • 新しく入ってきた子、はんなり美人やね。
  • はんなりとした着物に身を包んだ女性。

「はんなり」の類語・言い換え表現とは

「高雅(こうが)」

「高(gao)雅(こうが)」とは、「気(qi)高(gao)く優雅なこと」「上品で雅やかなこと、また、その様子」という意(yi)味がある、「はんなり」の類語です。

「顔立ちの非常に高(gao)雅な美人を」「彼は高(gao)雅な性(xing)格(ge)だ」のように使います。

「優雅(ゆうが)」

「優雅(ゆうが)」の意味は、「淑やかで気(qi)品があること、また、その様子」「俗事から離れ、ゆとりのあること、また、その様子」です。

「彼女は立ち居振る舞いが優(you)雅だ」「彼は引退して優(you)雅な生活を送(song)っている」のように使用します。

「たおやか」

「たおやか」には「姿や形がほっそりとして動(dong)きがしなやかな様子」「態(tai)度や性(xing)質が淑やかで上(shang)品な様子」という意(yi)味(wei)があります。

「たおやかになびく柳を見つめていた」「彼(bi)女のたおやかな身のこなしは一際(ji)目を惹いた」のように使います。

「はんなり」以外の京都の言葉とは

「けったいな」

「はんなり」以外にも、京(jing)言葉と呼ばれる京(jing)都の方言はたくさんあります。その中(zhong)からよく耳にするものをふたつご紹介します。

「けったいな」は「奇妙な」「変な」という意(yi)味の、京都や大阪など関(guan)西地方(fang)の方(fang)言です。「けったい」の語(yu)源は「卦体(けたい)」という言葉で、易の算木(mu) (さんぎ) に現れた卦の形、つまり占いの結果のことを意(yi)味します。

占いの結果から転じて「縁(yuan)起」という意(yi)味も持(chi)ち、そこから「縁(yuan)起が悪い」「気分(fen)が悪い」という意(yi)味でも使われます。

「いけず」

同じく関(guan)西地方の方言である「いけず」は、「意地が悪いこと、また、そういう人やその様子」という意味で使われる言葉です。

語(yu)源については諸説ありますが、「池(chi)(chi)之端(duan)の芋茎(jing)(jing)(いけのはたのずいき)」が語(yu)源であるという説が通説です。「芋茎(jing)(jing)」とは里芋の茎(jing)(jing)のことで、栄養を多く必要とするため、池(chi)(chi)のそばに植(zhi)(zhi)えると、そこにある養分を独占してしまい、他の植(zhi)(zhi)物(wu)に栄養がいかなくなってしまいます。このことから、意地悪な様子を指して使われます。

この「池(chi)之端の芋茎」が短(duan)くなり、「いけず」となったとされています。

まとめ

「はんなり」の意味は、「上品(pin)で、明るく華やかな様(yang)(yang)子」「派(pai)手な様(yang)(yang)子」などで、明るく陽気で華やかな様(yang)(yang)子を指して使(shi)われる言(yan)葉です。多くの場合で「と」を伴い「はんなりと」として使(shi)われ、使(shi)う対象(xiang)は人、物、味、動きなど幅広く、様(yang)(yang)々な場面で使(shi)われます。