ピンボールマシン脚本家 なつみ

「ひととおりではない」の意味とは?例文や『羅生門』一節も紹介

「ひととおりではない」という表現は、日常会話のなかでよく使われる表現ではありませんが、芥川龍之介(jie)の著作『羅生門』で使用されているように、文語では度々目にする表現です。「ひととおりではない」の意味をはじめ、『羅生門』での一節や使い方の例文などをご紹介(jie)します。

「ひととおりではない」の意味とは

「ひととおりではない」の意味は「並大抵ではない」

「ひととおりではない」は、「並(bing)大(da)抵(di)ではない」「ひどい」「すさまじい」などを意味(wei)する言い回しで、物事の程度が普(pu)通(tong)ではない様子を指して使います。

同(tong)じように普通(tong)の程度(du)ではないことを表(biao)(biao)す言葉(xie)として「ひとかたならない」という表(biao)(biao)現がありますが、こちらは「ひとかたならぬ世話になった」のように良(liang)いことにも使うのに対(dui)し、「ひととおりではない」は、良(liang)くないことをいう場合に使われることが多い表(biao)(biao)現です。

漢字表記は「一通りではない」

「ひととおりではない」は漢字では「一(yi)(yi)通(tong)りではない」と表記します。「一(yi)(yi)通(tong)り」には「ひとつの種類」「ひとつの組(zu)み合わせ」「 物事の程度(du)が普(pu)通(tong)であること」「尋常」 「一(yi)(yi)応、全体(ti)にわたっていること」「 一(yi)(yi)度(du)に通(tong)りすぎること」などの意味(wei)があります。

上記の意味(wei)のなかで、「物事(shi)の程度が普(pu)通(tong)であること」「尋常」の意味(wei)で使われる「一通(tong)り」を、「ではない」で否定し、「物事(shi)の程度が普(pu)通(tong)ではないこと」「異常」という意味(wei)にした表現が「ひととおりではない」です。

「ひととおりではない」の使い方とは

「ひととおりではない」の使い方

「ひととおりではない」は上述のように、ほとんどの場合で良(liang)くないことを指して使います。「ひととおりでない」という言(yan)い回しも、「ひととおりではない」と同じ意(yi)味で使います。

文脈(mo)によって、「ひととおり」以(yi)下の「ではない」の部分を「ではなく」や、「ではなかった」などのように変化させて使(shi)用します。

「ひととおりではない」を使った例文

  • 彼女の落胆した様子はひととおりではなかった。
  • 台風が通り過ぎた後の街は、ひととおりではない被害状況だった。
  • 彼の取り乱しようはひととおりではなかった。

『羅生門』の「ひととおりではない」を使った一節

芥川(chuan)龍之介の著作『羅(luo)生(sheng)門』のなかでは、「ひととおりではない」は以下のように使われています。

芥川(chuan)龍之(zhi)介『羅生門(men)』の一節
何故かと云うと、この二三年、京都には、地震とか辻風とか火事とか饑饉とか云う災がつづいて起った。そこで洛中のさびれ方は一通りではない。旧記によると、仏像や仏具を打砕いて、その丹がついたり、金銀の箔がついたりした木を、路ばたにつみ重ねて、薪の料に売っていたと云う事である。

災(zai)いが続き、寂れた京(jing)都の洛中(zhong)の様(yang)子(zi)が「ひどい」「並大(da)抵(di)ではない」ことを表す一節(jie)で「ひととおりではない」が使われています。

「ひととおりではない」の意味を持つ古語とは

「なべてならず」

古文(wen)のなかで使われる古語にも、「ひととおりではない」という意味を持(chi)つ言葉(xie)がいくつかあります。

そのうちのひとつ「なべてならず」は、漢字では「並べてならず」と表記し、副詞(ci)(ci)の「なべて」に断定(ding)の助動(dong)詞(ci)(ci)「なり」の未(wei)然(ran)形と、打(da)消の助動(dong)詞(ci)(ci)「ず」から成る言(yan)葉です。「ありふれていない」「並ひととおりではない」「格別(bie)だ」という意味があります。

紫式(shi)部の著作(zuo)『源氏物語』の「桐壺」に、「やむごとなき御思ひなべてならず(帝のありがたいご寵(chong)愛が並ひととおりではない)」という一(yi)節があります。

「かぎりなし」

「かぎりなし」は「限り無し」と漢字(zi)表記し、

  1. 「限りがない」「際限がない」「果てしない」
  2. 「ひととおりではない」「甚だしい」
  3. 「この上ない」「最高だ」

の3つの意味があります。このうち❷の「ひととおりではない」の使い方として、『堤(di)中(zhong)納言物語(yu)(つつみちゅうなごんものがたり)』の「虫めづる姫君」に「心にくくなべてならぬさまに、親(qin)たちかしづきたまふことかぎりなし(奥ゆかしく並ひととおりでない様子に、親(qin)たちが大事に育てなさることはひととおりではない)」という一節があります。

「おぼろけなり」

「おぼろけなり」には、

  1. 「普通だ」「並ひととおりだ」「ありきたりだ」
  2. 「並ひととおりではない」「格別だ」

という、正(zheng)反対(dui)の2つの意(yi)味(wei)があります。正(zheng)反対(dui)の意(yi)味(wei)を持つ理(li)由(you)は、❶の意(yi)味(wei)で使われる場(chang)合、ほとんどが否定の表(biao)現(xian)を伴って意(yi)味(wei)を打ち消す使い方がされていたため、そのうちに否定の表(biao)現(xian)がなくても❷の意(yi)味(wei)で使われるようになったからだと考(kao)えられます。

「ひととおりではない」の英語表現とは

「ひととおりではない」は英語で「unusual」

「ひととおりではない」を英(ying)語で表現する場合、「unusual」が使(shi)えます。「unusual」の意味は、「普通ではない」「異常な」「ありふれていない」「目立った」「飛び抜けた」「独(du)自の」「独(du)特(te)な」などです。

他にも、非常に悪い状況を表(biao)す「ひどい」という意味で「ひととおりではない」と言いたい場合には、「terrible」を使(shi)うこともできます。

「ひととおりではない」の英語表現を使った例文

  • This cold weather is rather unusual.(この寒さはひととおりではない)
  • He made a terrible mistake.(彼はひととおりではない間違いをした)

まとめ

「ひととおりではない」は、漢字では「一(yi)(yi)通(tong)りではない」と表記し、物(wu)事の程度(du)が普(pu)通(tong)ではない様子を指す言葉です。「並大抵ではない」「ひどい」「すさまじい」などの意(yi)味があります。一(yi)(yi)般的には良くないことをいう場合(he)に使われることが多(duo)い表現ですので、覚えておきましょう。