ピンボールマシン脚本家 なつみ

「何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方は?言い換えや注意点も解説

日本のビジネスシーンでは敬語(yu)表現(xian)に触れる機会が多いものですが、中でも「何(he)卒(zu)よろしくお願(yuan)い申し上げます」という表現(xian)は特によく知られているフレーズではないでしょうか。この記(ji)事(shi)では「何(he)卒(zu)よろしくお願(yuan)い申し上げます」の意味や使(shi)い方、言い換え表現(xian)などについて解説(shuo)します。正しい使(shi)い方を理解して、適切に使(shi)いこなしましょう。

「何卒よろしくお願い申し上げます」の意味と使い方は?

「何卒よろしくお願い申し上げます」は相手に物事を依頼する表現

「何(he)卒よろしくお願い申し上げます」は「なんとしても強(qiang)くお願い申し上げます」という意味の敬語表現です。相(xiang)手に対(dui)して、なんらかの物事を依頼するときの表現で使われます。

「何卒(なにとぞ)」とは代名詞の「なに」に助詞の「と」と「ぞ」がついたもので、単体の意味(wei)は「どうか、どうぞ、ぜひとも」。相手への強い依頼(lai)や、懇願の気(qi)持ちを表(biao)しています。

次に「よろしく」は単体でも使うことの多い言葉ですが、「ほどよく・適(shi)当に」という意味(wei)を持(chi)ちます。人に好意を示したり、何かを依(yi)頼したりするときに添える言葉です。

最後に「お願(yuan)い申し上(shang)げます」は「お願(yuan)いを言わせていただきます」という意味(wei)。「申し上(shang)げます」は謙譲表現となり、相手に対して敬意を示(shi)します。

以上(shang)より、「何卒よろしくお願い申(shen)し上(shang)げます」は、相手(shou)に対して物事(shi)を依頼する気持ちを強調(diao)した敬語表現であると言えます。

取引先とのメールやお客さまとのやり取りで使われる

「何卒(zu)よろしくお願い申(shen)し上(shang)げます」を使(shi)(shi)う機会が最も多いのは、ビジネスシーンにおいての取引先やお客(ke)さまとのやり取りです。たとえば相(xiang)手に書類(lei)の確認をお願いするときや、お客(ke)さまに営業時(shi)間の変更をお知らせするときなど具体的(de)な依(yi)頼内容がある場合(he)に用います。多くの場合(he)、メールをはじめとした文章でのやり取りで使(shi)(shi)われていますが、口(kou)語(会話)でも使(shi)(shi)うことがあります。

メールや文章での締めの言葉としても使われる

また「何(he)(he)卒(zu)よろしくお願い申し上(shang)げます」は、具体的な依頼(lai)内(nei)容(rong)がある場合(he)だけではなく、メールや文章(zhang)での”締めの言葉(xie)”としても用(yong)いられています。その際には「何(he)(he)卒(zu)よろしくお願い申し上(shang)げます」の前に「今後(hou)とも」や「これからも」といった言葉(xie)を加えるかたちで使います。

謝罪やお詫びのときにも使うことができる

「何(he)卒(zu)よろしくお願い申し上げます」は、相(xiang)手に対して謝罪(zui)(zui)やお詫びを伝えるときにも添(tian)えて使うことができる言葉です。心(xin)から強(qiang)く謝罪(zui)(zui)の意を伝えたい時、「何(he)卒(zu)よろしくお願い申し上げます」と添(tian)えることができます。

「何(he)卒よろしくお願(yuan)い申し上げます」を謝罪(zui)の際に使う例
  • このたびは多大なご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。お許しくださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
  • ご迷惑をおかけしたことを、深く反省しております。どうぞご容赦くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

「何卒よろしくお願い申し上げます」を使うときの注意点は?

表現が重複しないように気をつける

「何卒よろしくお願い申(shen)し上げます」を用いるときには、表現が重(zhong)複しないように気をつける必(bi)要(yao)があります。たとえば、ビジネスメールや文(wen)章の場合は、書き連ねていくにあたり、表現が重(zhong)複しがちです。

重複してしまいがちな文章の例

…つきましては資料をお送りしましたので、ご確認のほどよろしくお願い申し上げます。以上、何卒よろしくお願い申し上げます

このように、敬語表現を用いると気づかないうちに表現が重複(fu)してしまうことがあり、収まりがよくない印(yin)象(xiang)を与えます。このようなケースの場合「よろしくお願い申(shen)し上げます」は締めの一文のみの使用にとどめるか、締めの一文を「何かございましたら、いつでもご連絡をください」といった別の言い方(fang)にアレンジするとよいでしょう。

また「何卒よろしくお願(yuan)い申(shen)し上(shang)げます」の前に「どうぞ」や「どうか」といった表現をつけ足さないようにしましょう。「どうぞ」や「どうか」は「何卒」と同(tong)じ意味を持ちますので、二(er)重に使うと若干くどい印象を与えてしまいます。

親しい間柄では使わない方が望ましい

相手と親しい間柄(bing)での「何卒よろしくお願い申(shen)し上げます」は、かしこまり過ぎている印象があるため向いていません。

親しい間(jian)柄の相(xiang)手に対(dui)しては、特別な依(yi)頼(lai)や重要(yao)な依(yi)頼(lai)の場合を除(chu)き「よろしくお願いします」程度(du)にしておくとよいでしょう。

「何卒よろしくお願い申し上げます」に対する返事は?

「こちらこそよろしくお願い申し上げます」

「何卒よろしくお願い申し上げます」に対して返(fan)(fan)信(xin)や返(fan)(fan)事(shi)をする場(chang)(chang)合(he)は「こちらこそよろしくお願い申し上げます」と返(fan)(fan)すのがよいでしょう。メールや文(wen)章での締めくくりとして使われている場(chang)(chang)合(he)は形式(shi)的なものでもあるので、あまり返(fan)(fan)信(xin)の仕(shi)方を気にする必要はありません。

「承知いたしました」「かしこまりました」

依頼の意味で「何卒よろしくお願い申し上げます」が使われている場合、その返事には「承知いたしました」や「かしこまりました」などを用いるとよいでしょう。
「承知いたしました」は「目上の人の命令を承る(うけたまわる)」という意(yi)味を持(chi)ち、丁寧な印象(xiang)を与えます。よって、ビジネスメールで依(yi)頼を受(shou)けた際の返信として適(shi)切な表現です。

また「かしこまりました」は「承知」を表(biao)す言葉(xie)のなかで最(zui)も丁(ding)寧な言葉(xie)に位置づけられています。こちらの表(biao)現も依頼を受けた際の返信にふさわしいと言えるでしょう。

「何卒よろしくお願い申し上げます」の英語表現は?

「何卒よろしくお願い申し上げます」の英語表現は「I look forward to working with you」

「何(he)卒よろしくお願い申し上げます」の意味(wei)を持つ英(ying)語(yu)表現はありません。そのため、似たような意味(wei)合いとしては「I look forward to working with you」で表現できます。

「look forward to~」は「~を楽(le)しみにして待つ」という意(yi)味です。「I look forward to working with you」は直訳すると「あなたと仕(shi)事(shi)ができることを楽(le)しみにしています」という意(yi)味になり、今(jin)後の仕(shi)事(shi)に対して期待の意(yi)があるということを相手(shou)に伝えられます。

「何(he)卒よろしくお願い申しあげます」には、これから先も相手(shou)との関係を良好に保ちたいというニュアンスが込められています。そのため「I look forward to working with you」と言うことで、今後の仕事に期(qi)待(dai)していることを相手(shou)に伝えられます。

「We appreciate your continued support」も使える

「I look forward to working with you」と似(si)た英語表(biao)現には「We appreciate your continued support」があげられます。「appreciate」とは「感謝する」の意(yi)味を、「continued」は「継続(xu)した」の意(yi)味を持ち「あなたの継続(xu)的な協力(サポート)に感謝します」と訳できます。

また「We appreciate」の部分を「Thank you for」に書き換えることも可能。「support」のかわりに「help」を使(shi)っても同じような意味(wei)合いで使(shi)うことができます。

まとめ

「何卒よろしくお願(yuan)い申し上げます」は「なんとしても強(qiang)くお願(yuan)い申し上げます」という意味の敬語表現(xian)です。「何卒(なにとぞ)」の単体の意味は「どうか、どうぞ、ぜひとも」であり、相手への強(qiang)い依頼(lai)(lai)や懇願(yuan)の気持ちを表します。ビジネスシーンにおいての取引先やお客さまとのやり取りで使(shi)(shi)われることが多く、相手に対して、なんらかの物(wu)事を依頼(lai)(lai)するときに使(shi)(shi)われます。また、メール・文章での締(di)めの言葉や、相手に対して謝罪(zui)やお詫びを伝えるときにも添えて使(shi)(shi)うことができる言葉です。