ピンボールマシン脚本家 なつみ

「聞く」の謙譲語とは?メールで使える例文や尊敬語も解説

「聞(wen)(wen)く」のようによく使う言葉の敬(jing)(jing)語(yu)(yu)表現(xian)は、ビジネスシーンでも日常生(sheng)活でも使う必(bi)要(yao)があるため、きちんと知っておくべきです。「聞(wen)(wen)く」の謙(qian)譲語(yu)(yu)や尊敬(jing)(jing)語(yu)(yu)をはじめ、使い方や使ううえでの注意点も一緒に解説。古典での「聞(wen)(wen)く」の謙(qian)譲語(yu)(yu)、尊敬(jing)(jing)語(yu)(yu)もご紹介しますので、参考(kao)にしてみてください。

「聞く」の謙譲語とは

「聞く」の謙譲語は「拝聴する」「伺う」「承る」

「聞く」の謙譲(rang)語は、自分を主(zhu)語として「拝聴する」「伺う(うかがう)」「承(cheng)(うけたまわ)る」で表現します。

「拝聴(ting)する」は、目上の人(ren)からのプレゼンテーションや講(jiang)義を聞(wen)(wen)く場(chang)(chang)合や、社長や取引先(xian)の人(ren)の話を聞(wen)(wen)く場(chang)(chang)合、また、著名人(ren)の講(jiang)義や講(jiang)演(yan)を聴(ting)く場(chang)(chang)合にも使える表現(xian)です。意図(tu)せず耳に入り「聞(wen)(wen)く」ことになった場(chang)(chang)合には、「拝聞(wen)(wen)する」を使うとよいでしょう。

「伺う」は、相手から詳しく話を聞(wen)(wen)きたい場(chang)(chang)合(he)に使えます。「伺う」は、「わからないことを人に聞(wen)(wen)く」場(chang)(chang)合(he)の「尋ねる」や、「訪問する」「訪れる」の謙譲(rang)語でもあります。

「承(cheng)る」もまた、「聞く」の謙(qian)譲(rang)(rang)語(yu)で、「拝(bai)聴する」「謹んで聞く」という意味(wei)があります。「承(cheng)る」は「聞く」の他(ta)にも、「受(shou)ける」「引き受(shou)ける」「伝(yun)え聞く」の謙(qian)譲(rang)(rang)語(yu)でもあります。

「聞く」の尊敬語は「お聞きになる」

「聞(wen)く」の尊敬語は「お聞(wen)きになる」「聞(wen)かれる」で、いずれも主語は相(xiang)手です。どちらも意味や使い方(fang)は同(tong)じですが、「聞(wen)かれる」は「内緒(xu)の話を聞(wen)かれてしまった」というような場合の受動(dong)表現(xian)と誤解(jie)されてしまう可能性もあるため、「お聞(wen)きになる」を使った方(fang)がわかりやすく、無難でしょう。

「謙譲語」「尊敬語」「丁寧語」の違い

敬語(yu)は、大きく「謙(qian)(qian)譲語(yu)」「尊敬語(yu)」「丁寧(ning)語(yu)」の3つに分(fen)けられます。文化庁(ting)の敬語(yu)の指針では、この3つの他に「謙(qian)(qian)譲語(yu)(低(di)調語(yu))」「美化語(yu)」の2つもありますが、よく使われるのは先の3つです。

「謙(qian)譲(rang)語(yu)」は、自分がへりくだることにより相手を立てて、敬意を表(biao)す言葉(xie)です。自分、または自分の家族や親戚など、身(shen)内が主(zhu)語(yu)になる場合に使います。

「尊敬語(yu)」は、目上の人(ren)や自分(fen)より立(li)場が上の人(ren)を敬い、相手を立(li)てる気(qi)持(chi)ちを表します。社長や上司(si)、先生(sheng)など、家族(zu)や親(qin)族(zu)ではない、自分(fen)よりも目上の他(ta)人(ren)が主語(yu)になります。

「丁(ding)(ding)寧語」は、誰に対しても使える敬語です。語尾に「です」や「ます」「ございます」などをつけたり、言葉の先頭に「ご」や「お」をつけて丁(ding)(ding)寧な言い回しにすることで、相(xiang)手への敬意を伝えます。

「聞く」の謙譲語の使い方とは

「聞く」の謙譲語を使った例文

  • 先日拝聴した社長のお話に、大変感銘を受けました。
  • 明日のご予定を伺ってもよろしいでしょうか?
  • 貴重なご意見を承りました。

「聞く」の謙譲語をメールで使う場合の例文:社内編

上司に宛てた社内メールで、「聞く」の謙譲(rang)語を使う場合の例文をご紹介します。

お疲れ様です。○○です。

先(xian)日部(bu)長よりうかがっておりました新規の案件につきまして、プレゼンテーション案ができあがりましたので、ご確認(ren)をお願いいたします。

お手すきの際に添付いたしました資料をご確認いただき、修正点や改良すべき点などがございましたらご指示をいただければと思いますので、よろしくお願いいたします。

「聞く」の謙譲語をメールで使う場合の例文:社外編

取引先の担当者に対して、「聞く」の謙譲語(yu)を使ったメールの例文をご紹介します。

いつもお世話になっております。株式会社□□の○○です。

先日は貴社主催の講演会にご招待いただき、誠にありがとうございました。
貴重なお話を拝聴させていただき、大変勉強になりました。
これからの貴(gui)社との共同事業に、この度(du)学びましたことを役(yi)立ててまいりたいと思っております。

事業の計画につきましては、また改めてご連絡をさせていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

「聞く」の謙譲語を使うときの注意点とは

身内に対して謙譲語は使わない

前(qian)述の通り、謙譲語(yu)(yu)は自分(fen)がへりくだることにより相手を立てる敬語(yu)(yu)です。自分(fen)を主語(yu)(yu)とし、自分(fen)の動作に対して使(shi)います。そのため、身(shen)内(nei)に対して謙譲語(yu)(yu)を使(shi)い、へりくだった話し方をするのは不自然です。身(shen)内(nei)に対して敬語(yu)(yu)を使(shi)いたい場(chang)合には、謙譲語(yu)(yu)ではなく尊敬語(yu)(yu)や丁(ding)寧語(yu)(yu)を使(shi)うとよいでしょう。

「聞く」の謙譲語の誤った使用例

  • 「お話は妻から伺っております」→身内である妻に対してへりくだっている言い方になってしまい、誤りです。正しくは「お話は妻から聞いております」となります。
  • 「その件に関しましては、あちらの担当より伺ってください」→お客様や取引先の人をへりくだらせていることになる言い方で、失礼です。正しくは「その件に関しましては、あちらの担当にお聞きください」となります。

古文の「聞く」の謙譲語とは

古文の「聞く」の謙譲語は「承(うけたまは)る」

古文での「聞く」の謙譲語(yu)は「承(cheng)(うけたまは)る」です。「承(cheng)る」の現(xian)代語(yu)訳は「お聞きする」となります。

古(gu)文では、敬(jing)(jing)語の動(dong)詞(ci)には「本(ben)動(dong)詞(ci)」と「補(bu)助(zhu)動(dong)詞(ci)」の二種類があります。「本(ben)動(dong)詞(ci)」とは、その言葉単体で動(dong)詞(ci)の意(yi)味と敬(jing)(jing)意(yi)を表すものをいい、「補(bu)助(zhu)動(dong)詞(ci)」とは、動(dong)詞(ci)と一(yi)緒(xu)に使って敬(jing)(jing)意(yi)だけを表すものをいいます。

「聞く」の謙譲語「承(cheng)る」は、この「本(ben)動詞」にあたります。

古文の「聞く」の尊敬語は「聞こす」「聞こし召す」

古文で「聞(wen)(wen)く」の尊(zun)敬語は「聞(wen)(wen)こす」「聞(wen)(wen)こし召す」で、現代語訳は「お聞(wen)(wen)きになる」です。「聞(wen)(wen)こす」はサ行(xing)四段活用の他動詞(ci)です。

「聞こす」は、「聞く」の尊(zun)(zun)敬(jing)語であるだけでなく、「言う」の尊(zun)(zun)敬(jing)語でもあります。「言う」の尊(zun)(zun)敬(jing)語として使う場合には「おっしゃる」と訳(yi)します。

「聞こし召す」は、「聞こす」の連用形(xing)「きこし」に、尊敬の補助動(dong)詞「召す」がついた言(yan)葉です。多くの場(chang)合で天皇や皇后などが主(zhu)語となる場(chang)合に用いられ、高い敬意を表します。

まとめ

「聞く」の謙(qian)(qian)譲語(yu)は、「拝聴する」「伺う」「承(cheng)る」で表(biao)現(xian)します。謙(qian)(qian)譲語(yu)は、自分がへりくだることにより相手を立(li)てて、敬意を表(biao)す言葉(xie)であるため、自分が主(zhu)語(yu)になる場合に使(shi)います。また、身(shen)内に対(dui)しては謙(qian)(qian)譲語(yu)は使(shi)いませんので、覚えておきましょう。