ピンボールマシン脚本家 なつみ

「行く」の謙譲語とは?尊敬語やビジネスメールの例文も紹介

日常(chang)生活でもビジネスシーンでもよく使う「行く」という言葉。敬(jing)語(yu)(yu)として使う機会(hui)も多いため、正(zheng)しい敬(jing)語(yu)(yu)表現(xian)を知(zhi)っておきましょう。「行く」の謙譲語(yu)(yu)をはじめ、尊(zun)敬(jing)語(yu)(yu)や丁寧語(yu)(yu)も解説。「行く」とセットで覚えておきたい「来(lai)る」の敬(jing)語(yu)(yu)表現(xian)や、古(gu)文の「行く」の謙譲語(yu)(yu)もご紹介します。

「行く」の謙譲語とは

「行く」の謙譲語は「伺う(うかがう)」「参る」

謙譲語(yu)とは、敬語(yu)表(biao)現のなかでも、自分がへりくだることで間(jian)接(jie)的(de)に相手を高め、敬う言い方(fang)のことを指します。主語(yu)は自分になり、自分の動(dong)作や状態を表(biao)して使います。

「行(xing)く」の謙譲語は「伺う(うかがう)」と「参る」です。「伺う」は、自分(fen)が行(xing)く先にいる人(ren)物を敬(jing)(jing)う表現(xian)(xian)です。「参る」は、自分(fen)の話を聞いている人(ren)物を敬(jing)(jing)う表現(xian)(xian)で、自分(fen)が行(xing)く先に敬(jing)(jing)うべき相手がいない場合でも使うことができます。

主(zhu)語が身(shen)内(nei)になる場合(he)や、社(she)外の相(xiang)手に対して社(she)内(nei)の人(ren)物(身(shen)内(nei)と考える)の行動を言う場合(he)でも、謙譲語の「伺う」「参る」を使いますので、覚えておきましょう。

「行く」の尊敬語は「行かれる」「いらっしゃる」「おいでになる」

尊敬(jing)(jing)語(yu)(yu)は、相(xiang)手(shou)(shou)の動作や状態を表(biao)す時(shi)に使う敬(jing)(jing)語(yu)(yu)表(biao)現です。相(xiang)手(shou)(shou)を主語(yu)(yu)とし、直接的(de)に相(xiang)手(shou)(shou)を高めて敬(jing)(jing)う言い方を指(zhi)します。

「行く」は尊(zun)敬語では「行かれる」「いらっしゃる」「おいでになる」です。目上(shang)の人がどこかに「行く」場合には、尊(zun)敬語である上(shang)記の3つのどれかを使うことになります。

「行く」の丁寧語は「行きます」

誰に対しても使(shi)うことができる丁寧語(yu)は、自(zi)分が話(hua)す言(yan)葉に使(shi)う敬語(yu)表現で、話(hua)し手(shou)から聞(wen)き手(shou)への敬意を表すために使(shi)います。語(yu)尾に「ます」や「です」「ございます」をつけたり、言(yan)葉の先(xian)頭(tou)に「ご」や「お」をつけたりして言(yan)い回しを丁寧にし、相(xiang)手(shou)を敬います。

「行く」の丁寧語は語尾に「ます」をつけて「行きます」とします。

「行く」の謙譲語の使い方とは

「行く」の謙譲語を使った例文

  • 明日の午後、御社に伺います。
  • その日は、取引先に寄ってからそちらに参ります。
  • 母が代わりに伺います。

「行く」の謙譲語「伺う」を使ったビジネスメールの例文

「行く」の謙(qian)譲語である「伺う」を使って、取引(yin)先の人にメールを送る場(chang)合の例文をご紹介します。

いつもお世話になっております。株式会社□□の○○です。

先日(ri)ご相談をいただいておりました貴社(she)の50周年記念イベントの企画(hua)につきまして、大筋がまとまりましたので、貴社(she)に伺いましてご説明をさせていただきたいと思っております。

つきましては、ご説明に伺う日取りを△△様のご都合のよろしい日時にて調整させていただきたいと思いますので、ご希望の日時をお伝えいただけますでしょうか?

「行く」の謙譲語「参る」を使ったビジネスメールの例文

「行く」の謙譲語「参る」を使って、社(she)内の上司にメールを送る場(chang)合(he)の例(li)文(wen)をご紹介します。

お疲れ様です。○○です。

昨日納品済みのA社の案件につきまして、急ぎ修正の連絡が入りましたので、私の方で修正の対応をさせていただきました。
明(ming)日の朝は、A社に立ち寄(ji)り修正案を納めてから、その足(zu)でB社に参ります。

よろしくお願いいたします。

「行く」とセットで覚えたい「来る」の謙譲語とは

「来る」の謙譲語も「伺う」「参る」

「行く」と一緒に覚えておきたいのが、「来る」の敬語表現(xian)です。「来る」の謙譲語も、「行く」と同様(yang)に「伺う」と「参(can)る」で表現(xian)します。

また、謙譲語(yu)と同(tong)じように、尊敬語(yu)でも「来る」は「行く」と同(tong)様に「いらっしゃる」「おいでになる」を使います。混(hun)同(tong)しやすいので気をつけましょう。

「来る」の謙譲語を使った例文

  • 本日の講演を拝聴するために、大阪に参りました。
  • お渡ししたいものがありましたので伺いました。

古文の「行く」の謙譲語とは

古文の「行く」の謙譲語は「参る」

古文での「行く」の謙(qian)譲語は「参る」です。古文の「参る」はラ行四段活用(yong)の自動詞(ci)で、

  1. 「参上する」「伺う」「お仕えする」
  2. (神社や寺院などに)「お参りする」「お参りに行く」「参詣する」
  3. (天皇や皇太子の妃として)「おそばに上る」「入内(じゆだい)する」
  4. 「参ります」

という4つの意味があります。

古文の「行く」の尊敬語は「おはす」「おはします」

古文の「行(xing)く」の尊(zun)敬語(yu)(yu)は「おはす」や「おはします」です。「おはす」はサ行(xing)変格活用の自動詞で、漢字では「御座す」と表記されます。「おはす」は「行(xing)く」の尊(zun)敬語(yu)(yu)の他、「来」の尊(zun)敬語(yu)(yu)でもあり、「あり」「をり」の尊(zun)敬語(yu)(yu)でもあります。「いらっしゃる」「おいでになる」「おでかけになる」と訳します。

「おはします」はサ行四段活用の自動詞で、意(yi)味は「おはす」と一緒ですが、「おはす」よりも高(gao)い敬意(yi)を表します。そのため、主(zhu)語は天皇(huang)をはじめとする皇(huang)族となります。

まとめ

「行(xing)く」の謙譲語(yu)は「伺う」と「参る」です。「伺う」は、自分が行(xing)く先(xian)にいる人物を敬(jing)う表現(xian)、「参る」は、自分の話(hua)を聞いている人物を敬(jing)う表現(xian)です。謙譲語(yu)の主語(yu)は自分になりますが、主語(yu)が身内になる場(chang)合や、社内の人の行(xing)動を言う場(chang)合でも謙譲語(yu)を使います。