ピンボールマシン脚本家 なつみ

「拝読いたしました」の意味と使い方は?例文や注意点、類似表現も紹介

「拝(bai)読(du)(du)いたしました」はビジネスシーンでよく使われる敬語表現(xian)のひとつです。この記事では「拝(bai)読(du)(du)いたしました」の意(yi)味(wei)や使い方、注意(yi)点について解(jie)説(shuo)します。また類似(si)表現(xian)や「拝(bai)見」との意(yi)味(wei)の違いについても紹(shao)介(jie)しています。「拝(bai)読(du)(du)いたしました」をスムーズに使いこなせるよう、意(yi)味(wei)や正しい使い方を理解(jie)しておきましょう。

「拝読いたしました」の意味とは?

「拝読いたしました」は「読んだ」の謙譲語

「拝(bai)(bai)(bai)読(du)いたしました」は「読(du)みました」という意(yi)味(wei)の謙譲語です。「拝(bai)(bai)(bai)読(du)」は「はいどく」と読(du)みます。「拝(bai)(bai)(bai)」には”相手(shou)を慎み、敬う(うやまう)”という意(yi)味(wei)があり、相手(shou)を尊敬する謙譲表現が含まれている言(yan)葉です。このことから「拝(bai)(bai)(bai)読(du)」とは「読(du)む」ことに対(dui)して相手(shou)へへりくだった丁(ding)寧な言(yan)い回し(謙譲語)であり、相手(shou)への敬意(yi)を表します。

たとえば、上司(si)から届(jie)いたメールについて「拝(bai)読いたしました」と言った場合、そのメールを作成した上司(si)に対(dui)して敬意を表すことができます。

「拝読いたしました」を使った例文

「拝(bai)読いたしました」を使った例文を紹介します。

  • さきほど送っていただいた資料をさっそく拝読いたしました。

上記の例(li)文はビジネスシーンで最(zui)も多く使(shi)われるシーンです。資料を読(du)んだことを、相手に丁寧に伝(yun)えられます。

  • 先日いただいたメールを拝読いたしましたが、いくつかご相談したい点があったのでご連絡いたしました。

読んだことを前提として相(xiang)談や質問がある場(chang)合、「拝読いたしましたが」といったように表現(xian)をアレンジして使えます。

  • 先生の著書はすべて拝読いたしました。

上記(ji)の例文(wen)はビジネスシーン以外で使える代表的なものです。本・小(xiao)説などを書いた著者(zhe)や先生に対して使うこともあります。実(shi)際に本人と会ったときだけではなく、手紙やメールを送るときにも使える表現です。

「拝読いたしました」を使うときの注意点は?

「拝読いたしました」は目上の人に使う表現

「拝読(du)いたしました」は、目(mu)上の人(ren)(ren)(ren)に対(dui)(dui)して使える敬語表現です。上司や取引先とのほか、目(mu)上の人(ren)(ren)(ren)と接する際や先生に対(dui)(dui)してなど、ビジネスシーン以外でも使えます。逆(ni)に、自分よりも下の立場の人(ren)(ren)(ren)(目(mu)下の人(ren)(ren)(ren))に対(dui)(dui)して使うのはふさわしくありませんので注意しましょう。目(mu)下の人(ren)(ren)(ren)に対(dui)(dui)しては「読(du)みました」の表現を用いれば構(gou)いません。

「拝読させていただきました」は過剰な敬語

「拝(bai)読(du)いたしました」と似たような表現として「拝(bai)読(du)させていただきました」といった言(yan)い回(hui)しを聞(wen)いたことがある方も多いかもしれません。「させていただく」は”相手の指示(shi)を頂戴(dai)する”という意味(wei)で、自分の動(dong)作を謙遜した意を表す謙譲語です。敬語として使(shi)っても問題はないのですが、特(te)に誰かの指示(shi)や許可を得て行うことではない場合に使(shi)うと、過剰にへりくだりすぎて、かえって失礼な印象を相手に与えてしまうかもしれません。

たとえば、上司に「今(jin)年の直木賞受賞作はもう読んだ?」と聞(wen)かれたのに対して「拝読させていただきました」と答えるのは過剰な敬語。この場合は「拝読いたしました」で十分です。

「拝読いたしました」は自分の行為にのみ使う

「拝読いたしました」を使(shi)えるのは、自分の行為に対(dui)してのみです。「拝読」は謙譲語にあたるため、相(xiang)手の行為に対(dui)しては使(shi)えません。あくまでも自分の行為に対(dui)して使(shi)うことで、相(xiang)手に対(dui)して敬意(yi)を表せる言葉です。

たとえば、上司や取引(yin)先(xian)など目上の人に向かって「こちらの書類は拝(bai)読(du)されましたか?」と尋ねるのは誤った使い方になります。この場合は「こちらの資(zi)料はお読(du)みになりましたか?」と、「読(du)む」の尊敬語にあたる「お読(du)みになる」を使うのが適切です。

「拝読いたしました」と「拝読しました」に大きな違いはない

「拝読(du)(du)いたしました」と「拝読(du)(du)しました」には大きな違いはありません。どちらも相手が書いたものを読(du)(du)んだことを敬った、丁(ding)寧な表現です。

あえて違いを挙(ju)げるとすれば「拝読いたしました」の方が「拝読しました」よりも丁寧(ning)な表(biao)現(xian)であるといえます。「いたしました」は謙(qian)譲語であるのに対(dui)し「しました」は丁寧(ning)語。ビジネスシーンなどで目上(shang)の人に用(yong)いる場合(he)は、丁寧(ning)語よりも謙(qian)譲語を使うほうが無難です。

「拝読いたしました」の類似表現は?

「拝読いたしました」の類似表現は「拝誦」

「拝(bai)読(du)(du)いたしました」の類似表(biao)現(xian)には「拝(bai)誦(はいしょう)」があります。「拝(bai)誦」とは「声に出(chu)して読(du)(du)む」という意味の謙譲語(yu)。「拝(bai)読(du)(du)」は声を出(chu)す・出(chu)さないにかかわらず使える表(biao)現(xian)であるのに対して「拝(bai)誦」は声に出(chu)して読(du)(du)む・読(du)(du)んだ場合でのみ使う表(biao)現(xian)です。ただし近年では声に出(chu)して読(du)(du)む・読(du)(du)んだ場合でなくても用いられることがあります。

「閲読」も類似表現にあたる

「閲(yue)読(du)(du)(えつどく)」も「拝読(du)(du)」と似たような意味(wei)を持(chi)つ表現(xian)です。ただ、「閲(yue)読(du)(du)」の場合は”何か調べたい事(shi)柄(bing)・目的(de)があり、それにまつわる書物や書類などの内容を調べながら読(du)(du)む”という意味(wei)があります。ただ漠然と”読(du)(du)む”わけではない点が「拝読(du)(du)」とは異なるため、注意が必要です。

「拝読致しました」は誤った表現

「拝読いたしました」の”いたしました”を”致しました”と漢字(zi)で表記するのは誤った使い方(fang)です。

「拝(bai)読いたしました」の”いたしました”は補助動詞(ci)にあたる言葉(xie)(xie)です。補助動詞(ci)とはその言葉(xie)(xie)の通り「動詞(ci)を補助するために使われる言葉(xie)(xie)」。「拝(bai)読」を補助する役割を持ちます。補助動詞(ci)はひらがなで表記(ji)(ji)するというルールがあり、この場(chang)合(he)はひらがなで表記(ji)(ji)しなければなりません。誤(wu)った認識(shi)で使われていることがあるため、気をつけてください。

ちなみに漢字表記の「致しました」は、動詞として「~した」の意(yi)味の際に使います。たとえば「ご連絡を致します」や「私(si)がそれを致します」といった風に用いるものです。

「拝読」と似た表現の「拝見」はどう違う?

「拝見」は”見る・確認する”のニュアンスが強い言葉

「拝(bai)読」とよく似た言(yan)葉に「拝(bai)見(はいけん)」があります。「拝(bai)見」とは「見る・確(que)(que)認する」の謙(qian)譲表現で、相手へ「確(que)(que)認します」「目を通します」と伝えたいときに使います。「拝(bai)読」と同じように目上の人や取(qu)引(yin)先の人に敬意(yi)を示すときに使える言(yan)葉です。

「拝見いたしました」はメールや資(zi)料(liao)・手(shou)紙などを受け取ったときに使(shi)用できますが、じっくりと読(du)んだというよりは”見た・確認した”というニュアンスが強い印象を与えます。そのため「しっかりと読(du)んだ」ということを伝えたい場合には「拝読(du)いたしました」を使(shi)うほうがよいでしょう。

ちなみに「拝見」については文書だけでなく、写(xie)真や絵(hui)、出来事等にも用いることができます。

「拝見」を使う場面と例文

「拝見」は「拝読」と同(tong)様に、目上の人に対して使える言葉(xie)です。自分(fen)がメールや資(zi)料を見たときや、出(chu)かけた先で目上の人を見かけたときなどに用います。

  • 送っていただいた写真を拝見いたしました。
  • 資料を拝見いたしましたが、とても素晴らしいと思います。
  • 先日、パーティー会場で部長のお姿を拝見いたしましたよ。

まとめ

「拝(bai)読(du)いたしました」は「読(du)みました」という意味の謙譲語で「はいどく」と読(du)みます。「読(du)む」ことに対して相(xiang)手へへりくだった丁寧な言い回(hui)しで、相(xiang)手への敬(jing)(jing)意を表すことができます。「拝(bai)読(du)いたしました」は目(mu)上の人(ren)(ren)に対して使(shi)える敬(jing)(jing)語表現(xian)で、上司(si)や取引先のみならず目(mu)上の人(ren)(ren)と接する際や先生に対しても使(shi)える表現(xian)です。自分よりも目(mu)下の人(ren)(ren)に対して使(shi)うのはふさわしくありませんので注意しましょう。