ピンボールマシン脚本家 なつみ

「お世話になります」の返事とは?メール例文や目上の人への対応

ビジネスシーンのみならず、日常生活でもよく使われる「お世話(hua)になります」という挨拶の言葉。「お世話(hua)になります」と言われた場合に、どう返事をするのが正解かご存じでしょうか?一(yi)般的な「お世話(hua)になります」への返事の仕方をはじめ、目上の人や初めて会った人に対してなど、相手別(bie)の返事の仕方もご紹介します。

「お世話になります」への返事とは

「お世話になります」への返事は「こちらこそお世話になります」

「お世(shi)話になります」という挨(ai)拶(zan)は定番の挨(ai)拶(zan)であり、あまり意味を考えて使われてはいませんが、ビジネスシーンで使われる場合には「ビジネス上の関(guan)係を取(qu)り持ってくださり、ありがとうございます」というお礼の気持ちを表します。

そのため、「お世話になります」と言われた場合(he)には、「こちらこそお世話になります」と、同じように感謝の気(qi)持ちを伝える返事をするのが一般(ban)的です。

「いつもありがとうございます」と返事してもOK

上(shang)記の通(tong)り、「お世話になります」には感(gan)謝の気持ちが込(込)められています。相手からの感(gan)謝の気持ちに応える返(fan)事として「いつもありがとうございます」と答えてもよいでしょう。

「こちらの方がよりお世話になっている」という感(gan)謝の気(qi)持ちを強調(diao)したい場合(he)には、「こちらこそ、いつもありがとうございます」と返事をします。

「こちらこそお世(shi)話になります」と返(fan)事をするか、「いつもありがとうございます」と返(fan)事をするかは、相(xiang)手や相(xiang)手の会(hui)社との関係(xi)、シチュエーションなどを考慮して選びましょう。

「お世話になります」への相手別の返事の仕方とは

目上の人から「お世話になります」と言われた場合の返事

目(mu)上(shang)の人に対しては、こちらから先(xian)に「お世(shi)(shi)話(hua)になります」と挨拶(zan)をすべきですが、もしも先(xian)に挨拶(zan)をされた場合(he)には、「こちらこそ大変お世(shi)(shi)話(hua)になっております」や、「こちらこそいつもありがとうございます」と丁重に返事(shi)をしましょう。

注意したいのは、社内の人(ren)(ren)(ren)に対しては「お世(shi)話になります」は使(shi)わないということ。社内の人(ren)(ren)(ren)への挨(ai)拶には「お疲れ様です」を使(shi)うようにしましょう。ただし、部署の異(yi)動や転勤(qin)などで、新しい異(yi)動先の人(ren)(ren)(ren)に挨(ai)拶をする場合には「これからお世(shi)話になります」と挨(ai)拶をする場合もあります。

初めて会った人から「お世話になります」と言われた場合の返事

初めて会う人に対しては、「お世話になります」は使(shi)いません。そもそも「お世話になります」は、すでにある関係(xi)性に対しての感謝(xie)を伝える挨拶だからです。

会社間での取(qu)引がすでにあり、担当者が変わったために初対面であるという場合には使えますが、それまでの関係性がまったくない初対面の人に対しては、「はじめまして」や、メールなら「はじめてご連絡をいたします」などと挨拶をし、それに対しての返事も「はじめまして」や「これからよろしくお願いいたします」としましょう。

2回目に会った人から「お世話になります」と言われた場合の返事

初対面の人に対しては「お世(shi)話になります」は使いませんが、2回(hui)目以降は「お世(shi)話になります」と挨拶ができます。2回(hui)目に会った人から「お世(shi)話になります」と言われた場合には、「こちらこそお世(shi)話になります」と返事をするとよいでしょう。

会うのは2回(hui)目でも、メールや電話で何度もやり取りをしている相(xiang)手に対しては、「いつもありがとうございます」の返(fan)事も使えます。

久しぶりに会う、またはやり取りをする相(xiang)手に対しては、「お世話になります」ではなく「ご無(wu)(wu)沙(sha)(sha)汰しております」を使(shi)い、そう言われた場合の返(fan)事(shi)も「こちらこそご無(wu)(wu)沙(sha)(sha)汰しております」としましょう。

「お世話になります」から始まるメールへの返事とは

お客様から「お世話になります」と連絡があった場合の返信例

お客様への対(dui)応と取引先の人への対(dui)応は、混同されがちですが少(shao)し異なります。お客様に対(dui)しては「お世話(hua)になります」は使わず、「いつもありがとうございます」を使う方がベターです。

目上の人(ren)への対(dui)応と同様(yang)に、お客(ke)(ke)様(yang)にはこちらから先(xian)に連(lian)絡(luo)をするべきですが、もしもお客(ke)(ke)様(yang)から先(xian)に問い合わせや連(lian)絡(luo)などで「お世(shi)話になります」とメールで連(lian)絡(luo)があった場合には、「こちらこそ、いつもありがとうございます」と返しましょう。

お客様から「お世話になります」と連絡があった場(chang)合(he)の返信例(li)

この度はご連絡をいただき、誠にありがとうございます。
お問い合わせいただいた商品につきましては、大変申し訳ございませんが、入荷が未定となっております。
入荷の予定がわかり次第、こちらからご連絡をさせていただきますので、今しばらくお待ちくださいませ。
何卒よろしくお願いいたします。

友達から「お世話になります」と連絡があった場合の返信例

友達(da)から「お世話になります」とメールがあった場合には、こちらも「お世話になります」と返信するのがよいでしょう。

友達(da)から「お世話になります」と連絡があった場合の返信例

お世話になります。
この間の話、OKです。今度会った時に、ゆっくり相談しましょう。
いつが都合いいか、また教えてね。

「お世話になります」の言い換え表現と、それに対しての返事とは

「いつもありがとうございます」

メールで頻繁にやり取りをしている人に対して、毎回冒頭に「お世(shi)話になります」と書いていると、しつこく感(gan)じられてしまいます。シーンに応じて言い換(huan)え表現を使い、自然なコミュニケーションができるようにしましょう。

日頃からお世話(hua)になっている相手に対しては、「お世話(hua)になります」を「いつもありがとうございます」に言い換えてメールを送ることができます。

「いつもありがとうございます」と連絡(luo)をもらったら、同じように「いつもありがとうございます」と返事(shi)をするか、「ご連絡(luo)ありがとうございます」と返事(shi)をしましょう。

「ご無沙汰しております」

過去にお世(shi)話(hua)になった人に久しぶりに会う場(chang)合(he)には、「お世(shi)話(hua)になります」よりも「ご無沙汰しております」の方が自然(ran)です。

「ご無沙(sha)汰(tai)しております」と挨拶(zan)をされた場合には、「こちらこそ、ご無沙(sha)汰(tai)しております」や「ご無沙(sha)汰(tai)しております。お変わりございませんか?」などのように返事をします。

「たびたび失礼いたします」

一(yi)日に何度もやり取りをする場合、二度目以降は「たびたび失礼いたします」と挨拶をすれば、「お世話(hua)になります」の繰り返しによるしつこい印象を避けることができます。

「たびたび失礼いたします」と連(lian)絡がきた場合には、「ご連(lian)絡ありがとうございます」と返事をするとよいでしょう。

まとめ

「お世話になります」と挨拶された場合(he)には、「こちらこそお世話になります」や「いつもありがとうございます」と、感謝の気(qi)持(chi)ちを伝(yun)える返事(shi)をしましょう。「こちらの方(fang)がよりお世話になっている」という感謝の気(qi)持(chi)ちを強調(diao)したい場合(he)には、「こちらこそ、いつもありがとうございます」と返事(shi)をします。