ピンボールマシン脚本家 なつみ

「もとい」とは?意味や語源、正しい使い方と英語表現も詳しく解説

日(ri)常会(hui)話やビジネスシーンで「もとい」という言葉(xie)を聞(wen)いたことはありますか。耳にしたことがあっても、詳しい意味(wei)や正(zheng)しい使(shi)い方までは知らないという方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事(shi)では「もとい」の意味(wei)や語源、使(shi)い方について解説します。日(ri)常会(hui)話でも使(shi)いこなせるよう、具体的(de)な例文も紹介しますので、参考にしてください。

「もとい」の意味は?

「もとい」の意味は「前に言ったことを改める」

「もとい」の意(yi)(yi)味は「前に言ったことを改める」です。日常会話では「言い間違(wei)いを訂正してもとに戻す」という意(yi)(yi)味合いで、前文(wen)を打ち消すために使(shi)われています。「もとい」のひと言によって前文(wen)を訂正する意(yi)(yi)を持たせられるため、ビジネスシーンでの会話でもたびたび耳(er)にする表(biao)現(xian)です。

「もとい」は通常、ひらがなで表記されます。漢字の場合は「元い」と書きますが、漢字表記で使われることはあまりありません。

「もとい」の語源は2つある

「もとい」の語源には、2通りの説があります。1つ目の説は、昔の軍隊用語の号(hao)令「もとへ」が「もとい」に変化したというもの。「もとへ」は元(yuan)の姿(zi)勢・隊形(xing)に戻るよう命(ming)じるときに使われていました。「元(yuan)に戻す・やり直す」という意味(wei)で使われていたことから、それが言い間違いを訂正する意味(wei)としても使われるようになり、発音も次第に「もとへ」から「もとい」へ変化したといわれています。

もう1つの説は「元結(jie)(もとゆい)」が語源というものです。「元結(jie)」とは、髷(まげ)を結(jie)うときに使われている細い紐のことを指します。昔は髷を結(jie)び直すときに、元結(jie)をはずして最初(chu)からやり直しをしていました。このことより「初(chu)めからやり直す」という意味で使われるようになったという説があります。ちなみに「元結(jie)」は別名で「もっとい」とも呼(hu)ばれています。

「もとい」は方言ではない

「もとい」をあまり耳にしたことがなく、日頃聞き慣れていないことから「もとい」は方言(yan)だと認識されているケースがありますが、それは誤(wu)りです。「もとい」は方言(yan)ではないので、ビジネスシーンでも問題なく使えます。またどの地域においても、共通して使うことが可能です。

「もとい」の正しい使い方とは

「もとい」は言い間違いや直前の発言を取り消すときに使う

「もとい」は、言(yan)い間(jian)違(wei)(wei)いを即座(zuo)に訂正する場合に使います。直前(qian)に言(yan)ったことに対して「間(jian)違(wei)(wei)えました」「そうではなくて」という意(yi)味で、仕切り直しを図る役割(ge)があります。

例(li)文
  • 明日は8時に、もとい、9時に集合でお願いします。
  • お部屋のご予約は3名様、もとい、4名様で承っております。

また、直前に不適切な発言(yan)をしてしまい、それを急(ji)いで打ち消す際にも「もとい」が使えます。

例文
  • 隣の家の人がうるさい、もとい、にぎやかでね…。
  • あなたは昨日も遅刻していた、もとい、ちゃんと来ていたね。失礼しました。

「もとい」は話し言葉として使うもの

「もとい」は基本的に話(hua)し言葉(xie)として、会話(hua)やスピーチなどの場面(mian)で使(shi)われる表(biao)現です。文章での間違いは書き直すことができるので、書き言葉(xie)で使(shi)われることはあまりありません。言い間違いを即座に訂正(zheng)するときに使(shi)う言葉(xie)であり、上手に使(shi)えば会話(hua)が途切れることもなくなります。

また「もとい」は自分の発言(yan)の間(jian)違いを訂正(zheng)するときのみに使えます。他人の発言(yan)の訂正(zheng)に対しては使えないので、気(qi)をつけてください。

「もとい」はジョークを込めた使い方もできる

「もとい」は発言(yan)の間違いを訂正(zheng)するときだけではなく、ジョークを込めた使い方もできます。あえて意図的に使うことで、ついうっかり間違えたように装(zhuang)ってジョークを込められるのです。

例文
  • うちの奥さんはケチで…もとい、節約家なんだ。
  • 君は忘れっぽい、もとい、あまり小さなことにこだわらないよね。

ただし、この使い方の場合は皮肉(rou)めいたニュアンスも含められるので、相手によっては良い印象(xiang)を与(yu)えない恐れもあります。使う場合は友(you)人(ren)同(tong)士など気心の知れた相手同(tong)士の方がよいでしょう。特(te)に初対(dui)面の人(ren)との会(hui)話や目上(shang)の人(ren)との会(hui)話、ビジネスシーンにおいては避(bi)けた方が賢明です。

「もとい」の類義語は?

「ではなく」

「もとい」の類(lei)義語には「ではなく」があげられます。「ではなく」は「もとい」と同様、言い間違いを即座に訂(ding)正する場合に使える言葉。前に述べたことを否定し、後(hou)から訂(ding)正する内容を述べるために用いられます。

ちなみに「ではなく」は日常的に使(shi)用(yong)している人も多(duo)いため、「もとい」よりも少しカジュアルな印(yin)象(xiang)を持(chi)たれる言葉(xie)です。ビジネスやオフィシャルシーンにおいては「もとい」を用(yong)いるほうが、フォーマルな印(yin)象(xiang)を与えられますので、会(hui)話の状況に応じて使(shi)い分(fen)けるとよいでしょう。

「というより」

「というより」も「もとい」の類(lei)義語(yu)として使える表現(xian)。「AというよりB」のように用います。「というより」を使う際に注意しておきたいポイントは、「もとい」より少し意味合いが異なるという点(dian)です。「もとい」は”言い間(jian)違(wei)いを訂(ding)正してもとに戻す”という意味合いで使われる表現(xian)ですが、「というより」の場合は”前に述(shu)べたことよりも適(shi)切なことを述(shu)べる”ときに使います。

例(li)文
  • 彼女はかわいいというより、綺麗な人だ。
  • 妹と私は姉妹というより、親友のような関係です。

(いずれも、前に述べたことを訂正・否定してはおらず、より適切なことを述べています)

「もとい」の英語表現は?

「もとい」を英語で表現すると「I mean」

「もとい」を英語で表(biao)現(xian)する場合「I mean」です。「I mean」は直訳すると「私が意味・意図(tu)するのは」の意味ですが、話(hua)の前(qian)置(zhi)きとして用(yong)いたり言い間違いを訂正したりする時に使えます。また、前(qian)の文章の内容を補(bu)足(zu)・強(qiang)調したいときにも使うことができる表(biao)現(xian)です。

「I mean」を使った例文

  • I was playing volleyball yesterday, I mean,the day before yesterday.

(昨日バレーボールをしていたんだけどね、もとい、おとといね。)

  • I set up a meeting with her on Monday. I mean, on Tuesday.

(彼女とは月曜に打ち合(he)わせを設(she)定しました、もとい、火曜日です。)

まとめ

「もとい」は日(ri)常会話(hua)において「言(yan)い間違(wei)(wei)いを訂正してもとに戻(li)す」という意味合いで使(shi)われている表(biao)(biao)現です。直前(qian)に言(yan)ったことに対して「間違(wei)(wei)えました」「そうではなくて」という意味で、仕(shi)切り直しを図る役割があります。「もとい」はビジネスシーンでの会話(hua)でもたびたび耳にする表(biao)(biao)現で、会話(hua)やスピーチなどの場面で使(shi)われる表(biao)(biao)現です。文章での間違(wei)(wei)いは書き直すことができることから「もとい」が書き言(yan)葉で使(shi)われることはあまりありません。