ピンボールマシン脚本家 なつみ

動物のことわざ・慣用句は?有名なものから英語まで一覧で紹介

ことわざや慣用(yong)句は、教訓(xun)や知(zhi)識が身(shen)近な物(wu)事に例えられていて、意味を知(zhi)るとなるほど、と納(na)得できるものばかりです。なかでも動(dong)物(wu)が出てくることわざは、イメージが湧(yong)きやすく親しみやすいものがたくさん。有名なことわざをはじめ、英語のことわざや海外の珍しいことわざまでご紹介します。

動物のことわざ・慣用句とは

動物のことわざ・慣用句一覧

  • 負け犬の遠吠え
  • 二兎を追う者は一兎をも得ず
  • 狐と狸の化かし合い
  • 窮鼠猫を噛む
  • 鴨が葱を背負ってくる
  • 馬の耳に念仏
  • wolf in sheep’s clothing
  • curiosity killed the cat
  • dog-eat-dog
  • ガレージにいるタコのようである(スペイン語のことわざ)
  • カラスが飛ぶやいなや梨が落ちる(韓国語のことわざ)
  • 私の羊たちのところへ戻ろう(フランス語のことわざ)

動物のことわざ・慣用句の特徴

動(dong)物(wu)のことわざや慣(guan)用句(二つ以上の単語が結びついて特定の意味を表す言葉)には、有名(ming)なものがたくさんあります。それぞれの動(dong)物(wu)が持つイメージと教訓(xun)や知識が結びつけられているため、一(yi)度(du)意味を知れば納(na)得できることわざ・慣(guan)用句が多いのが特徴です。

日本だけでなく、世界にも動物(wu)が出(chu)てくることわざや慣用句がたくさんあるのは、それだけ古(gu)くから動物(wu)と人間が関(guan)わってきた証拠ともいえるでしょう。

有名な動物のことわざ・慣用句

「負け犬の遠吠え」は臆病な人が影で悪口や負け惜しみを言うこと

「負(fu)け犬の遠(yuan)吠(fei)え」は、争いに負(fu)けた人(ren)や才能・力が相手より下の人(ren)が、負(fu)けを認めない主張をしたり、影(ying)で負(fu)け惜しみや悪口を言うことを意味(wei)することわざです。

「遠吠(fei)(fei)(fei)え」とは、犬や狼などの動物が、遠くで声(sheng)を長く引いて吠(fei)(fei)(fei)えることをいいます。弱い犬が強そうな犬や人間に対して遠くで尻込みしながら吠(fei)(fei)(fei)えたり、ケンカに負けた犬が、遠くまで逃げてから吠(fei)(fei)(fei)えたりする様子が「負け犬の遠吠(fei)(fei)(fei)え」の由(you)来(lai)になっています。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」は欲張ってはいけないという戒め

「二兎(tu)(にと)を追う者は一(yi)兎(tu)(いっと)をも得(de)ず」は、二羽の兎(tu)を同時に捕(bu)まえようとしても、結局は一(yi)羽も捕(bu)まえられないという意味があります。同時に二つのことをしようとしても、どちらも成功しない、つまり、欲張れば何の利益も得(de)られなくなるという戒めのことわざです。

もともとは「If you run after two hares, you will catch neither.」という西洋(yang)のことわざです。同じような意味のことわざに「虻蜂(あぶはち)取らず」があります。

「二兎を追うものは一兎をも得ず」の意味とは?類語・反対語も解説
「虻蜂取らず」の意味と語源は?使い方の例文や似たことわざも紹介

「狐と狸の化かし合い」は悪賢い者同士が互いに騙し合うこと

「狐と狸の化かし合い」は、悪(e)賢い曲者(zhe)同士(shi)が互いに騙し合うことを意(yi)味することわざです。「狐と狸」ともいいます。

狐も狸も、昔(xi)話や物語で化けて人を騙したり、嘘を吐いたりするといわれていることが由来です。互いにずる賢い人たちが、策略を使(shi)(shi)って相手を欺(qi)こうしても、相手も同様に策略を持っているという状況を表して使(shi)(shi)います。

子供向けの動物のことわざ・慣用句

「窮鼠猫を噛む」は弱者も窮地に追い込まれれば必死に反撃すること

「窮鼠猫(mao)を噛む(きゅうそねこをかむ)」は、猫(mao)を天(tian)敵(di)とし、普通ならとても猫(mao)にはかなわないネズミでも、追い詰められれば猫(mao)にも立ち向かうことから、弱者であっても窮地に追い込まれれば必死(si)に反撃をすることのたとえです。

出(chu)典(dian)は中(zhong)国の前(qian)漢(han)時代の書(shu)物『塩鉄論(えんてつろん)』の一節「死すれば再びは生きず、窮鼠も狸(li)を噛む」だとされています。猫(mao)ではなく狸(li)と書(shu)かれているのは、古代中(zhong)国では狸(li)と書(shu)いて猫(mao)を指していたためです。

「窮鼠猫を噛(nie)む」には3つの教(jiao)えが込められています。1つ目(mu)(mu)は、弱(ruo)者も諦めずに強者に反撃をすべきだ、ということ。2つ目(mu)(mu)は、どんなに弱(ruo)い相手(shou)でも追い詰めれば逆(ni)襲される可能(neng)性があるため、むやみに追い詰めるべきではない、ということ。そして3つ目(mu)(mu)は相手(shou)がどんなに弱(ruo)くても、油断をしてはいけない、ということです。

「窮鼠猫を噛む」の意味や由来とは?使い方の例文と類語との違いも

「鴨が葱を背負ってくる」は好都合であること

「鴨(ya)が葱を背負ってくる」は、鴨(ya)の肉に葱が添えられていれば、すぐに鴨(ya)鍋が食べられるということから、狙った相手が利益になるものや望み通りのものを持って来ること、つまり、上手く事(shi)が重なり、好都合であることを指すことわざです。「鴨(ya)葱」と略される場(chang)合もあります。

鴨(ya)(ya)肉は葱(cong)(cong)と相(xiang)性(xing)が良(liang)く、鴨(ya)(ya)鍋には必ず葱(cong)(cong)が使(shi)われます。そんな鴨(ya)(ya)が、自(zi)ら葱(cong)(cong)を背負ってやって来れば、すぐにでも鴨(ya)(ya)鍋ができる、という都合の良(liang)い状(zhuang)況をたとえたことわざです。同じような意(yi)味のことわざに「棚からぼたもち」があります。

「棚からぼたもち」の意味と由来とは?例文を紹介!類語や英語も

「馬の耳に念仏」は他者からの意見に耳を貸さないこと

「馬の耳に念仏」は、他者からの意見や忠告に耳を貸さず、まったく効き目がない、ありがたみが理解(jie)できないことをたとえたことわざです。

どんなにありがたい念仏を唱えたところで、相(xiang)手が馬(ma)であれば、そのありがたみは理解(jie)できません。そのことから、どんなに親身(shen)になってアドバイスをしても聞かなかったり、貴重な意見(jian)をもらってもまったく効果がない人を馬(ma)にたとえたことわざが「馬(ma)の耳に念仏」です。

馬の耳に念仏の意味とは?馬耳東風との違いや類義語も(例文つき)

英語の動物のことわざ・慣用句(イディオム)

「Wolf in sheep’s clothing(羊の皮を被った狼)」

「wolf in sheep’s clothing」は、直訳すると「羊(yang)の服を着た狼」となるイディオムです。「wolf in lamb’s skin」で「羊(yang)の皮(pi)を被った狼」ともいいます。親(qin)切そうに装っていながら、内(nei)心では悪(e)いことを企む人物や、偽(wei)善者(zhe)を指して使(shi)います。

新約聖書(shu)の「偽預言(yan)者に気(qi)をつけなさい。彼らは羊の身(shen)なりをして近(jin)づいてくるが、その内は貪欲な狼です」という一節が語(yu)源になっています。

「Curiosity killed the cat(好奇心は猫をも殺す)」

「Curiosity killed the cat」というイディオムは、直訳すると「好(hao)奇心(xin)は猫を殺した」となり、「好(hao)奇心(xin)は猫をも殺す」ということわざとして知られています。強すぎる好(hao)奇心(xin)は身(shen)を滅(mie)ぼしかねない、好(hao)奇心(xin)を持つのはほどほどにすべき、という意(yi)味があります。

イギリスには古くから「Cat has nine lives(猫には九生あり)」という表(biao)現があり、猫は簡単(dan)には死なないとされています。そんな猫ですら、好奇心を抱けば危険(xian)になる、人間なら更に危険(xian)だ、という意(yi)味で猫が使われています。

Wake not a sleeping lion.(寝た子を起こすな)」

「Wake not a sleeping lion.」は「寝(qin)ているライオンを起(qi)こすな」と訳します。これは「寝(qin)た子(zi)を起(qi)こすな」と同じ意味(wei)です。

寝(qin)ているライオンをわざわざ起こせば、襲われる可能性があります。同じように、寝(qin)ている子をわざわざ起こせば、泣いてしまうので宥めるのが大変です。「寝(qin)た子を起こすな」は、せっかく静かにおさまっていることに無用の手出(chu)しをして、問(wen)題を起こすべきでない、という意味のことわざです。

世界の動物のことわざ・慣用句

「ガレージにいるタコのような気分」はスペイン語のことわざ

「ガレージにいるタコのような気分(Encontrarse como un pulpo en un garaje)」というスペイン語のことわざは、「手も足も出ないほどに困って打ちのめされている状況」を意味します。

実(shi)際にガレージにいるタコを想像してみるとわかりやすいでしょう。タコには足が8本もあり、海の中では自(zi)在に動き回れますが、ガレージにいてはどうにもなりません。それほどまでに困り果てた状況(kuang)であることを表すことわざです。

「カラスが飛ぶやいなや梨が落ちる」は韓国語のことわざ

韓国語のことわざ「カラスが飛ぶやいなや梨が落ちる(까마귀 날자 배 떨어진다)」には、「同(tong)(tong)時に二つの出(chu)来事(shi)が起こった場合、因果関係が必ずしもあるわけではない」という意(yi)味があります。たまたま同(tong)(tong)じタイミングで起こった何の関係もない二つの事(shi)柄が、まるで関係があるかのように疑われる時に使われることわざです。

カラスが飛(fei)んだことと梨が落(luo)ちたことはまったく関係がないのに、梨が落(luo)ちた瞬間にカラスが飛(fei)ぶのを見た人がカラスを悪(e)く言った、という逸話(hua)が由来(lai)となっています。

「私の羊たちのところへ戻ろう」はフランス語のことわざ

フランス語のことわざ「私の羊たちのところへ戻(li)ろう(Je retourne à mes moutons.)」は、「本(ben)題に戻(li)ろう」という意味(wei)のことわざです。

本(ben)題(ti)から話題(ti)が逸れていってしまい、再び本(ben)題(ti)に戻したい時に使える表現で、15世紀(ji)のメートル・パトランの『笑劇』が由(you)来となっています。

まとめ

動(dong)物が出てくることわざや慣(guan)用句は、日本だけでなく海外にもたくさんあります。動(dong)物のことわざや慣(guan)用句は、動(dong)物が持つイメージを想像(xiang)すると言葉の意味も理解しやすくなるのが特徴です。ことわざや慣(guan)用句をたくさん知(zhi)って言葉のバリエーションを増やし、会(hui)話(hua)を豊かにしましょう。